Duro社について

J環境に優しい企業を目指すDuro社 Duro(デューロ)社は1930年に壁紙メーカとしてスウェーデンで設立され、 クオリティーの高いデザイン性と品質において長い歴史を誇っております。
今から約半世紀も前の、1950年より環境に優しい企業を目指し、紙を原材料とした製品でありながら水で拭くことのできる壁紙を開発しました。 この無漂白壁紙を供給するDuro(デューロ)社は、長い間スウェーデン王室御用達メーカーとしてその品質を保ち続け、現在では環境に優しい壁紙として世界中に認められております。

1930年 「洗える壁紙」の開発を考えた、科学者ノースとラム氏によって スウェーデンでは最も古い壁紙メーカーとして設立。
1946年 スウェーデン王室御用達のブランドへ。
スウェーデン王家御用達は1商品につき1社の指定です。
経営者や国王が変わる度に更新され、現在で3代目。